弟子は騙されてなんかない

「感動」のことが好きな人もいるだろうし、嫌いという人もいると思う。なんとも思ってない人だって。君が感じる「食欲」って、どうなんだろう?
フレーム上

喜んで大声を出す子供と読みかけの本

とある寒い日、少年は母親からお使いをたのまれて、ハクサイとねぎと豚肉を買いにいく途中であった。
少年は喜んだ。
晩御飯はしゃぶしゃぶだ!やったぜ!…と。
だが、事件はその後すぐ起きたのである。
なんと、ズボンのポケットに入れていたお使いのための2千円が、無いのである!
少年はスーパーマーケットのレジに並んでいる時、大丈夫だよね、とポケットの中をまさぐって確かめてみたのだ。
そしてその時お金がどこにも無いことを知ったのである。
怒られる覚悟を決め、少年はしょうがなく手ぶらで家に帰ることにした。
次回からは、お金はクツの中かくつ下に入れることにしよう。
少年は空を見上げてそう心に決めた。

どんよりした火曜の明け方に友人と
大変甘いおやつが好みで、甘いおやつなどを自作します。
普通に自分で頑張って混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作っていたのだが、ここ最近、ホームベーカリーで焼いてみた、とっても楽でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンを混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養がとれるように心がけている。
甘味料がちょっとでもニンジンや野菜の甘味があることによって、笑顔で口にしてくれます。
最近は、スイーツ男子という表現もメディアで言っているからごくふつうだけども、だいぶ昔は、ケーキを自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、そういった男がよくいるねとも言われてそれも寂しい。

前のめりで歌う兄さんとあられ雲

近頃まで全然知らなかったが、水について大丈夫なオムツなるものが販売されていた。
都会では、水遊び用オムツを着けて入れる所と入ってはいけないところがあるらしい。
あきらかに、大人から見れば、専用のオムツでも大便などしているオムツで同じところに入られたら、気持ち悪いだろう。
だけど、しかし、親としては、入れてあげたいという気持ちもある。
そうは言っても、逆の立場だとしたら大変いやだ。

凍えそうな平日の昼は友人と
離れた故郷に住んでいる俺のお母さんも孫の為として、大変多量にお手製のものを仕立てて届けてくれている。
ミッフィーがとても気にいっているのだと話したら、伝えたキャラクターの生地で、作成してくれたが、縫物の為の生地の以外とたいそう高額でびっくりしていた。
布は縦、横、キャラクターものだと上、下も向きがあって気をつけなくてはならないらしい。
しかし、多量に、ミシンで縫って作ってくれて、送ってくれた。
小さな孫は非常に愛らしいのだろう。

雪の降る木曜の晩に窓から

鹿児島の老年期の主婦の方は、いつも毎日、菊を霊前にしているから、なので、お花がたんまり必要で、切り花農家も多数いる。
晩に、車で爆走していると、電照菊のライトがちょいちょい晩に、車で爆走していると、電照菊のライトがちょいちょい目に入る。
家のライトは非常に少ない農村だけど、菊の栽培ライトはしきりに目にとびこむ。
菊の栽培電灯はちょくちょく見えても人の往来はとてもちょっとで街灯の明かりも大変ちょっとで、物騒なので、高校生など、JRの駅まで迎えにきてもらっている子ばかりだ。

気どりながら自転車をこぐ姉妹と冷たい肉まん
出社のために何着か少しだけスーツに合うワイシャツを持っているけれど、毎回チョイスするときに何枚も試しに着てみる。
そこそこ、かたちに厳しいのも変わってるかと思った。
でも、先日、Yシャツはオーダーメイドしてもらうという方がいたので、心外だった。
けれど、シャツだけできまって見えるのはいいな、と思った。

風の強い週末の早朝は窓から

太宰治の人間失格をラストまで読んで、主役の葉ちゃんの気持ちも共有できるな〜感じた。
主人公の葉ちゃんは生きる上で誰だって抱いている感情を、豊富に抱えている。
それを、内に積み重ねないでアルコールだったり異性だったりで発散させる。
最終章で、バーのマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
その部分で、主役の葉ちゃんは不器用なんだろうなと、いつも可哀そうに思ってしまう。

天気の良い日曜の夜明けに焼酎を
花火の時期なのだけれど、住んでいる場所が、行楽地で週末の夜、打ち上げ花火が上がっているので、もはや嫌になってしまって、新鮮さもなくなった。
毎週、花火をあげているので、ものいいも多数あるらしい。
自分の、住居でもドンという花火の音がうるさくてわが子が怖がって泣いている。
シーズンに一、二回ならいいが、夏休み中、週末の夜、一時間近くも音がなっていては、いらいらする。
早く花火が上がらなくなればいいのにと思う。

そよ風の吹く土曜の深夜は昔を思い出す

少し時間にゆとりが作れたので、CD屋さんに出かけた。
新規でウォークマンに挿入する音楽を探すため。
この夏、よく楽しんだ曲が西野カナ。
いつも聞いているのは洋楽。
ヨーロッパの音楽も魅力的だと思う。
なので、今回レンタルしたのはalizeeだ。
甘い声とフランス語が似合うと思う。

寒い火曜の早朝に熱燗を
5年前から、九州の南に住んで台風をたいそう気にかけるようになった。
強さが全く違うからだ。
福岡に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるが、しかし、台風の風の強さが全然違う。
サッカーのゴールポストが動いていくと話を聞いた時は、大げさだと思ったが、事実だった。
風速がすごい台風が通った後は、高いヤシや高い樹は道路に倒れ、海の横の道路は海からのゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海近くの家では、車のガラスが破損したり、民家のガラスが破損し、風が入って天井が飛んだりと本当かと考えていたようなことを見てしまった。
真上を通らずにかすっただけでも風は非常に強く、古い家に住んでいると家の揺れてきしむ音がすごく心配してしまう。


フレーム下 class=

サイト内コンテンツ


Copyright (C) 2015 弟子は騙されてなんかない All Rights Reserved.

ページの先頭へ